プリザーブドフラワーギフト通販ガイド

自宅で気軽にレッスン

プリザーブドフラワーは生花と違い、いつまでも美しく咲き続ける花です。お部屋のインテリアはもちろん、ウエディングブーケにもオススメです。 でも、お花屋さんを覗いてみるとお高いものばかりですよね。自分で作れたら材料費のみだし、好きなアレンジを楽しむこともできます。自分のペースで学べば、楽しく技術を身に付けることができます。詳細はコチラ


基本的な手順

プリザーブドフラワーは自由にアレンジすることが可能です。
何を贈ろうか迷っている方、自分でアレンジしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか?
ここではアレンジ作りの基本的な手順をご紹介します。ぜひ、参考にしてみて下さい。

 

スポンジをカット

まずは、最後に飾る器に合わせてスポンジをカット!
スポンジを器の上に軽く押し当てて、目安となる跡をつけましょう。その跡に合わせて四角くカットしていきます。
丸い器を使用する際は角をカットして、器になるべく隙間なくはまるようにして下さい。

 

表面をモスで隠す

次にスポンジの表面をモスで隠す!
スポンジの表面にモスを敷いて、U字形にした地巻きワイヤーで留めます。
器の中からスポンジが見えていてはみっともないです。モスで自然にカバーしましょう。
ちなみにモスやワイヤーの色は作品に合った色を使用するとなお良いです。

 

花に脚をつける

基本的にはプリザーブドフラワーに茎はありません。ですから、ワイヤリングして脚をつけた上で、スポンジに挿します。
花材によって適したワイヤーやワイヤリング方法が違うということを押さえておきましょう。

 

花材を待機させる

作品で使う花材全てをワイヤリングしたら下準備は完了です!
終わった後、ワイヤリングした花材を無造作に置いておくことは避けましょう。
花びらは傷つきやすいので、余ったスポンジに挿しておくと良いでしょう。

 

メインの花から

スポンジに花を挿す順番はある程度決まっています。主役にしたい花や大きな花から指していきましょう。
主役は一番目を惹く場所に一番美しい角度で挿します。そこを中心として、サブの花を添えていくと綺麗に仕上がります。

 

最終確認
全てが完了したら、様々な角度から見てみましょう!
スポンジやワイヤーが見えていたら汚いですし、不自然な隙間があったら雰囲気を壊してしまいます。
最後に全体的な色と形、バランスなどを見て、OKであれば完成です。

用意するモノ

「プリザーブドフラワーのアレンジをやってみたい!」と思っても、ある程度のモノが揃っていないことには作ることができません。
ここでは最低限用意するべきモノをご紹介します。

 

ドライ用スポンジ
生花以外の花を挿す為の花留めです。サハラやセックと呼ばれています。
プリザーブドフラワーは茎のない花材が多く、ステムはワイヤーです。ドライ用スポンジは、このワイヤーをしっかりと支えてくれるのです。
水を吸わないので、とても軽く仕上がるので、持ち運ぶのも簡単です。
最近では様々な形が資材店などで扱われています。お好みのデザインを選んでください。

 

ワイヤー
フラワーアレンジ用の束になったものが売られています。何種類もの太さがあるので、使用したいサイズを選びましょう。
裸ワイヤーや地金ワイヤーと呼ばれているものは、鉄に亜鉛メッキを施した銀色のタイプです。「ワイヤー」といえばこれらを指します。
地巻きワイヤーとは、上から色テープを巻いたものです。緑や茶、白など様々な色があります。

 

フローラルテープ
細かいシワの入った薄い紙テープの両面にロウ状の粘着剤がついたものです。
引っ張りながらワイヤーなどに巻くとカバーできます。
様々な色のテープがあるので、花材によって使い分けましょう。

 

耐水性テープ
防水加工を施した粘着性の布テープです。
メリットとしては、粘着力が強いのにも関わらず、のりの跡が残りにくいのが特徴です。
ワイヤーやスポンジを固定する時に使用します。

 

ハサミ
花切りバサミではなく、身近にあるクラフトバサミで大丈夫です。
ただし、ワイヤーを切り続けると刃が消耗してしまいます。ですから、アレンジ専用に1本用意しておくと良いかもしれません。
ちなみに、刃先は細くてシャープなモノにするのがベストです。

 

木工用接着剤
ドライ用スポンジを器に固定する場合や花材を接着する場合に使用します。
粘着力は強いのですが、貼り直しがしやすい特徴があります。また、固定されるまでに数時間が必要です。

 

カッター
ドライ用スポンジを適度な大きさにしたい時や好きな形にしたい時など、カットする際に必ず必要となるものです。
刃の大きなものを選ぶと使いやすいでしょう。

 

グルー/グルーガン
グルーとは樹脂でできた白いスティック状の粘着剤のことです。これをセットして、熱で溶かし、押し出して使う道具をグルーガンと言います。
グルーは木工用接着剤よりも早くかつしっかりと接着できるので、どんな花にもぴったりフィットします。
プリザーブドフラワーのアレンジをする際は、よく接着に使用されます。

手作り - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド記事一覧

ワイヤリング

花材をアレンジする際に必要となるテクニックがワイヤリングです。器に入れてかわいくアレンジしたい、オリジナルのリースが作りたい・・・アレンジをする目的は様々だと思います。しかし共通していえることは、ワイヤリングをマスターしなければアレンジすることはできません!思い通りの作品が仕上がるように、ここではワ...

≫続きを読む