花を贈る日

自宅で気軽にレッスン

プリザーブドフラワーは生花と違い、いつまでも美しく咲き続ける花です。お部屋のインテリアはもちろん、ウエディングブーケにもオススメです。 でも、お花屋さんを覗いてみるとお高いものばかりですよね。自分で作れたら材料費のみだし、好きなアレンジを楽しむこともできます。自分のペースで学べば、楽しく技術を身に付けることができます。詳細はコチラ


花を贈る日

花を贈る日として、記念日が定められています。
意外と知られていない記念日もありますが、せっかくですから大切な人へ花をプレゼントして下さい。

 

 

2月14日【バレンタインデー】
 フランスでは男女関係なく、恋をする相手に意思表示をする日です。
 男性が女性に花を贈ることが圧倒的に多いです。
 中国では男性が好きな女性へ花を贈る日になっています。 

 

3月8日【女性の日】
 日本では馴染みのない日ですが、イタリアでは女性にミモザの花を贈る日になっています。
 是非、パートナーにプレゼントしてみてはいかがですか?

 

3月14日【ホワイトデー】
 バレンタインのお返しをする日ですが、多くの人はマシュマロを贈っています。
 本命の彼女には、花束を添えてプレゼントして下さい。

 

4月23日【サンジョルディーの日】
 元々はスペインのカタルーニャ地方のイベントでした。
 日本では1986年より、男性から好きな女性へ赤いバラを贈り、女性から男性に本を贈る日として、広まりつつあります。

 

4月最終水曜日【秘書の日(セクレタリーデー)】
 アメリカでは会社の社長から秘書へ、日頃の感謝を込めて花をプレゼントします。
 ただし、赤いバラを贈ることはタブーです。花言葉が「愛情」なので、ロマンチックな贈り物と勘違いされてしまいます。

 

5月1日【スズランの日】
 スズランの花束を愛する人へ贈る日です。
 フランスでは幸福を祈念して、親しい人にスズランの花を一輪プレゼントします。これは古くからの習慣になっています。

 

5月第2日曜日【母の日】
 1907年アメリカのウェストバージニア州に住む女性アンナ・ジェービスが、母の命日に白いカーネーションを捧げ、式の参加者に1輪ずつ手渡したのが始まりと言われています。

 

6月12日【恋人の日】
 恋人がお互いの写真を花と一緒に贈り合う日です。
 ブラジルでは、恋人の日として定められているので、広く定着しています。

 

7月7日【サマーバレンタイン(七夕)】
 数年遠く離れた旦那様から奥様へ、奥様から旦那様へ黄色い花を贈る傾向があります。

 

10月16日【社長の日】
 上司をねぎらう日です。
 秘書の日のお返しの日となっています。

花を贈る日 - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド記事一覧

オススメ - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド

朝摘みガーベラを即日発送!お誕生日に贈る大人色の花束 妖精・ブラウニーの花束忙しくてうっかり忘れてた記念日や誕生日ってありますよね?でも、大切な人への想いは変わらず、何かプレゼントしたいと思うはずです!ブルーポケットフラワーショップなら、12時までに注文すれば当日の発送が可能です。朝摘み&訳ありガー...

≫続きを読む