ドライフラワーとプリザーブドフラワーの違い

自宅で気軽にレッスン

プリザーブドフラワーは生花と違い、いつまでも美しく咲き続ける花です。お部屋のインテリアはもちろん、ウエディングブーケにもオススメです。 でも、お花屋さんを覗いてみるとお高いものばかりですよね。自分で作れたら材料費のみだし、好きなアレンジを楽しむこともできます。自分のペースで学べば、楽しく技術を身に付けることができます。詳細はコチラ


ドライフラワーとの違い

 

プリザーブドフラワーとドライフラワーどちらも生花を加工して作りますが、特徴は全く異なります。

 

ドライフラワーは自然の風合いを楽しむことができますが、自然の花なので寿命があります。素材により違いは出てきますが、約半年から1年くらいとなります。徐々に色褪せてきますが、この変化を楽しむことがドライフラワーの魅力です。

 

 

一方のプリザーブドフラワーは、みずみずしい状態のまま、数年ほど保つことができます。3〜5年程の寿命といわれています。
ドライフラワーと比べてみると、プリザーブドフラワーを造るには手間やコストがかかります。しかし、花自体の雰囲気は生花のようなので、いつまでも美しい花を楽しむことができます。

 

作り方が違う

ドライフラワーは花や草木を乾燥させて作ります。自然乾燥させたものと乾燥剤などを使い、乾燥させたものがあります。
プリザーブドフラワーの場合、生花の脱水・染料の浸漬・排水・乾燥の4つの過程があります。この複雑な工程を通るからこそ、鮮やかで自然な風合いを出せたり、バリエーション豊かな色を作り出せたりするのです。

 

豆知識
ドライフラワーは古代エジプトのピラミッドから発見され、非常に古い歴史があります。




 


ドライフラワー - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド記事一覧

オススメ - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド

朝摘みガーベラを即日発送!お誕生日に贈る大人色の花束 妖精・ブラウニーの花束忙しくてうっかり忘れてた記念日や誕生日ってありますよね?でも、大切な人への想いは変わらず、何かプレゼントしたいと思うはずです!ブルーポケットフラワーショップなら、12時までに注文すれば当日の発送が可能です。朝摘み&訳ありガー...

≫続きを読む