プリザーブドフラワーのデメリット

自宅で気軽にレッスン

プリザーブドフラワーは生花と違い、いつまでも美しく咲き続ける花です。お部屋のインテリアはもちろん、ウエディングブーケにもオススメです。 でも、お花屋さんを覗いてみるとお高いものばかりですよね。自分で作れたら材料費のみだし、好きなアレンジを楽しむこともできます。自分のペースで学べば、楽しく技術を身に付けることができます。詳細はコチラ


デメリット

湿気のある場所に置いてはいけない


 湿気の多い場所で保管してしまうとプリザーブドフラワーのが変わってしまいます。また、次第に劣化していくため、長期保存することができません。

 

直射日光や紫外線があたる場所に置いてはいけない


 見た目は本物の花そっくりですが、直射日光や紫外線に弱いのも特徴の一つです。このような条件の下で保管していると綺麗な状態で保つことができません。

 

エアコンやヒーターの風を直接当ててはいけない(乾燥すると花の痛みが早くなる)


 プリザーブドフラワーを保つための湿度は18〜22度程度だといわれています。これ以上もしくは以下の場所に置いておいた場合、劣化が進んでしまいます。直接風が当たるような場所は避けて下さい。

 

布などに長時間接したままにすると、染料が色移りする


 加工した花なので、布などのものに直接接した状態が続くと色移りしてしまう可能性があります。保存する際は、クリアケースに入れるなどして周りの物との接触を避けて下さい。

 

生花よりも高価


 プリザーブドフラワーは生花を加工します。つまりその分、作業の手間がかかっています。また、生花と同じように繊細なものであるため、型崩れもしやすく、慎重に扱わなくてはなりません。その為、生花よりも高額になっています。

 

デメリット - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド

デメリット - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド記事一覧

オススメ - プリザーブドフラワーのギフト・プレゼントガイド

朝摘みガーベラを即日発送!お誕生日に贈る大人色の花束 妖精・ブラウニーの花束忙しくてうっかり忘れてた記念日や誕生日ってありますよね?でも、大切な人への想いは変わらず、何かプレゼントしたいと思うはずです!ブルーポケットフラワーショップなら、12時までに注文すれば当日の発送が可能です。朝摘み&訳ありガー...

≫続きを読む